ホームページビルダーWordPress ワードプレスのみで更新を続けるには、、、

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)
  • パソコン上のホームページビルダーが使えなくなった
  • 運営していたホームページ(ホームページビルダーWordPressテンプレート)を、今後はワードプレスダッシュボードからすべて更新していく
  • 固定ページは、編集と表示が一致しない。
  • カスタム投稿タイプを追加して、ここに固定ページの内容を移す
  • 追加CSS(不要項目の非表示)
  • Custom Front Pageプラグイン
  • front-page.php を single.phpの内容に置き換える
  • メニューの更新
  • 固定ページを下書きに変更

ホームページビルダーWordPress 「データの反映」が「500 Internal Server Error」

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

ホームページビルダーWordPress 「サイトの公開」後、ダッシュボードにて「データの反映」を行うと、「500 Internal Server Error」と異常終了し、ページの編集内容の反映ができなくなってしまったとのご相談を受けました。問題を解析後、次の対処療法をしました。

  • php max execution time変更
  • ワードプレス上の不要固定ページ削除
  • hpb Dashboardプラグインの修正

「データの反映」を行うことができるようになりました。

ホームページビルダークラシック フルCSSテンプレートの修復

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

2017年に、ホームページビルダー教室に通学されて、ホームページを作成、更新されている卒業生の方から、ページがおかしくなったとの相談がありました。どうやら、フルCSSテンプレートの構造を壊してしまったようです。ワンポイントレッスン(1時間単位で受講可)を2回受けていただき、テンプレートの修復を行いました。

ワードプレス ユーザーIDの回復とパスワードリセット(ホームページビルダーサービス)

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

ホームページ(ワードプレス)が表示がされず、代わりにPHPのエラーが表示されていう状態からの修復を依頼されました。

  • FTPにて、エラーを起こしているプラグイン(Jetpack)を停止
  • ホームページが表示されることを確認。その他のメンテを行うため、ワードプレスへログイン
  • ワードプレス ログイン情報が不明
  • レンタルサーバーログイン情報(ホームページビルダーサービス)を使って、データベース情報を取得
  • FTPにて、phpMyAdminをインストール。config.default.phpにデータベースサーバー名を登録
  • phpMyAdminにログイン
  • ユーザー名を取得、パスワードを設定

以上にて、ホームページ表示、ワードプレスへのログインが復旧しました。

 

ホームページビルダー21 クラシック WWW有へ統一、HTTPSへのリダイレクト

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

レンタルサーバー:サイトサーブ

以下のURLを

http://www.      .com/
http://      .com/
https://www.      .com/
https://www.      .com/

https://www.      .com/に統一。(.htaccess)

ホームページビルダーが作成するXMLサイトマップ HTTPからHTTPSへ変更

HTMLファイルが開けない

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

ファイル内にGoogleタグマネージャーのコード(JavaScript)が存在していた。

オプション ネットワーク ネットワーク上のファイルの参照 読み込まずに参照しない

と、設定を変更して、編集できるようになった。

ホームページビルダー HTTPS(SSL)対応

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)
  • ロリポップレンタルサーバー 独自SSL(無料)設定
  • .htaccess www無しに統一、httpからhttpsへリダイレクト(ロリポップFTP)
  • Mixed Contentの解消

ホームページビルダー サイトデータの復旧例

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

Windows7からWindows10へパソコンの買い替え。

Windows7上で、ホームページビルダー19クラシックにてホームページの更新をしていた。

Windows10にホームページビルダー19をインストール。データの引っ越しのため、古いパソコンでホームページビルダーにてバックアップ。

どうやら、古いデータしかバックアップしていなかったようだ。

サーバーから全データをダウンロードしてサイトを復旧した。

 

ファイル転送ツール 転送設定が保存できない

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

ホームページビルダー12、ファイル転送ツールで転送設定が保存できなくなった。

ホームページビルダー本体のサイトデータをリセットして解決。

ホームページビルダー クラシック例「メニューの復旧」

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー教室
ホームページ作成無料相談受付中(こちらをクリック!!)

TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)

フルCSSテンプレートで作成したホームページ。編集作業中にメニューがおかしくなってしまいました。

幸運にも公開されているホームページは正常な状態のままでしたので、公開されているページから、メニューに該当するHTMLをコピーし、ホームページビルダーで貼り付けてメニューの復旧を行いました。