ホームページビルダー20 SP HTML クラシック 保存先 リンク 問い合わせフォーム

ホームページビルダー20 SPとは

  • ホームページビルダーSPはHTMLを生成するソフトです。編集するソフトではありません。既存のHTMLファイルを開いて編集することはできません。サイトの作成は搭載されたテンプレートから始めることになります。
  • ホームページビルダー・クラシックはHTMLを編集するソフトです。(WordPressテンプレートの場合は一部例外あり。ホームページビルダーspとクラシックの違いのなかで一番重要な点です。
  • ホームページビルダーsp の保存先はホームページビルダーが管理しています。
  • ホームページビルダーsp リンクの機能は19でSPが登場した当初はとても貧弱でした。ほむぺは改善されています。
  • ホームページビルダー19SP(サイトタイプ=通常)が生成するHTMLはとても冗長なものです。ホームページビルダー20SPでは改善されました。
  • ホームページビルダーsp 問い合わせフォーム ホームページビルダー・サービス(ジャストシステム社のレンタルサーバー)では、簡単なCGIと簡単に連携できるようですが、一般のサーバーでのCGIの設置は、クラシックのそれと本質的には、何ら変わりません。「簡単」になったとかいうことはありません。

以上