ホームページビルダーSP=カップラーメン

ホームページビルダー19では、SPというホームページ作成方法が追加されました。追加されたホームページ作成方法は他の方法と互換性がありません。作成前に方法を選択する必要があり、途中での方針変更はできません。

ラーメン作りに例えてみます。ラーメンを作る方法はいくつかあります。それぞれ出来上がりのラーメンには特徴があります。ある方法での結果に満足できず他の方法にするときは、すべて初めからやり直しです。

(なお、この例えではWordPressと通常サイトという観点は含まれていません。)

  • ホームページビルダーSP = カップラーメン
    カップラーメンにはいくつか種類があります。(種類を選ぶこと=SPのテンプレートからデザインを選ぶこと。)まず種類を選びます。とにかく簡単です。お湯を沸かして、容器にお湯を注いで3分間待つだけで、ラーメンができあがります。お湯の温度、時間、水の違い、かやくを入れる、入れないくらいは、作る人による個性がでますが、誰がつくってもだいたい同じ仕上がりです。(実際、SPではサイト全体の背景画像の変更ができません。)
  • ホームページビルダー クラシック テンプレート = インスタントラーメン
    麺の茹で加減、自分で具を用意する、食器など同じ種類のインストラーメンをもとにしても、できあがりのラーメンは個性的です。ただ、逆に茹ですぎてしまうだとか、火を止める前に、スープの粉を入れる(沸騰点が上がってしまい、お湯が100度以上になってしまう。) 玉子の固まり具合が自分の好みにならないなど、失敗や、結果に満足できない場合もあるでしょう。鍋、包丁、まな板、コンロ、食器洗いなど、カップラーメンと作る場合にくれべると、より多くの道具の使い方を知らないと作成できません。
  • ホームページビルダー クラシック HTML・CSSコーディング = 手作りラーメン
    好みの製麺所の面を使い、好みのスープを使い、好みの具材をつかって、ラーメンを作れば、カップラーメン、インスタントラーメンとはまったく異なる個性的なラーメンができるでしょう。

手軽さ、手間、どんなラーメンを食べたいのか、バランスで作成方法を判断します。