ホームページを開く URL 検索@ホームページビルダー教室

ホームページの開き方にはいくつかのパターンがあります。

  1. URL (例 http://www.yahoo.co.jp/)をブラウザーに入力して、ウェブサイトを開く
  2. ある言葉(例 「パソコン教室 川崎」)を検索エンジン(グーグル、ヤフーなど)に指定して検索する。
  3. ブックマークやリンク集から開く
  4. 広告をクリックする

それぞれを実生活に例えてみましょう。 1.URLは郵便や配達で言えば、住所です。住所によって場所は特定されています。住所が正しけれ希望の場所にたどり着くことができます。住所が間違っているたどりつくことができません。 2.検索エンジン。「近くに郵便局はないですか?」と道端で誰かに聞くようなものです。「知らない」という答えの可能性もあります。 3.何度も行ったことのあるところに行くことに似ています。 4.街を歩いていて、広告、看板が目にとまり始めての店をのぞくことににていますね。 ホームページビルダー教室提供