ホームページビルダー21 20 19 18 使い方 SP・クラシック

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー21教室・無料体験受付中(こちらをクリック!!)
TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)
生徒さんホームページビルダー作成事例はこちら

ホームページビルダー21・20 を使うに際にはまず、まずクラシックとSPのどちらかを選択します。WordPressにするかどうかも重要な点です。

  • クラシック
    • HTML編集 既存のサイトの更新
    • WordPressテンプレート ワードプレス・サイトの作成
    • フルCSSテンプレート
  • SP
    ホームページビルダーは元来はHTMLを編集する道具でした。その流れはクラシックとして残っています。SPはバージョン19で導入されたまったく新しいプログラムであり、作成方法です。HTMLを編集するのではなく、HTMLを生成する道具です。
    • 通常 
      ホームページビルダーがすべてのHTMLを生成する。サイト公開時に生成され、サーバーにファイル転送される。HTMLファイルへの書き出し機能が追加されたもよう。
    • WordPress
      WordPressが最終的にHTMLを生成する。ホームページビルダーでは、ワードプレス・テーマの作成と固定ページを作成する。テンプレート部分のHTMLはすべてが編集できるわけではない。

ホームページビルダー教室では、既に生徒さんがhpb20 spでのサイト作成に挑戦されています。ホームページビルダー教室無料体験・相談会へお越しにいただければ、作成方式の選択に関してのご相談もしていただけます。

ホームページビルダーに同梱されている「できるホームページ・ビルダー20」は、SPでの通常サイトの作成のみを解説しています。