ホームページビルダー ヒント集 ワードプレス・テンプレート

本邦唯一日本IBM出身ホームページビルダー元開発責任者 鎌田裕二の
ホームページビルダー21教室・無料体験受付中(こちらをクリック!!)
TEL 045-567-8393
 (平日11~20時 土11~17時 日祝休 留守電不可)
生徒さんホームページビルダー作成事例はこちら

ホームページビルダー・ヒント集 ワードプレス・テンプレート

このカテゴリーでは、ホームページビルダー(19の場合はクラシック)WordPressテンプレートの話題を取り扱います。


ホームページビルダー ヒント集

ホームページビルダー21 20 19 18 使い方 SP・クラシック

ホームページビルダー21・20 を使うに際にはまず、まずクラシックとSPのどちらかを選択します。WordPressにするかどうかも重要な点です。

  • クラシック
    • HTML編集 既存のサイトの更新
    • WordPressテンプレート ワードプレス・サイトの作成
    • フルCSSテンプレート
  • SP
    ホームページビルダーは元来はHTMLを編集する道具でした。その流れはクラシックとして残っています。SPはバージョン19で導入されたまったく新しいプログラムであり、作成方法です。HTMLを編集するのではなく、HTMLを生成する道具です。
    • 通常 
      ホームページビルダーがすべてのHTMLを生成する。サイト公開時に生成され、サーバーにファイル転送される。HTMLファイルへの書き出し機能が追加されたもよう。
    • WordPress
      WordPressが最終的にHTMLを生成する。ホームページビルダーでは、ワードプレス・テーマの作成と固定ページを作成する。テンプレート部分のHTMLはすべてが編集できるわけではない。

ホームページビルダー教室では、既に生徒さんがhpb20 spでのサイト作成に挑戦されています。ホームページビルダー教室無料体験・相談会へお越しにいただければ、作成方式の選択に関してのご相談もしていただけます。

ホームページビルダーに同梱されている「できるホームページ・ビルダー20」は、SPでの通常サイトの作成のみを解説しています。

レスポンシブデザインと表 ホームページビルダー20

ホームページビルダーの表

ホームページビルダー19(ホームページビルダー20も同様)ではフルCSSテンプレートもレスポンシブデザインによるスマホ対応となりました。(WordPressテンプレートはバージョン17から対応)

しかし、自分で作成される部分がパソコン、スマホそれぞれでどう見えるかをよく考えないと、全体としては読みづらいサイトになってしまいます。

典型的な例に「表」があります。

パソコン画面では

ホームページビルダーの表

問題のない形で表示されています。スマホで表示すると

ホームページビルダーの表

各セルが縦長に表示されてしまい、なかの文章はとても読みづらいものになってしまいます。

 

 

Facebook Like Box 終了 Page Pluginへ移行@ホームページビルダー20教室

Facebookページをホームページビルダーやワードプレスサイトに埋め込むために、利用していた、 Facebook Like Box が6月23日から使えなくなるようです。 https://developers.facebook.com/docs/plugins/like-box-for-pages 代わりに Page Plugin を使うことになります。 https://developers.facebook.com/docs/plugins/page-plugin この投稿に貼り付けてみました。 変更に気が付いたきっかけは、本日のホームページビルダー教室での授業でした。ホームページビルダー19 SP (通常)でエステサロンの運営されている生徒さんが、Facebookページを埋め込みたいとのご要望をお持ちでした。

 

 

 

トップページへ戻る リンクの設置@ホームページビルダー.net

トップページへ戻る

すべてのページ、投稿の下に「トップページへ戻る」といるリンクをつけたいとホームページビルダー教室の生徒さんから相談をうけました。WordPressならではの実現方法ですが、当サイト ホームページビルダー.netで実験してみました。WP Insert ワードプレス・プラグインを使います。 トップページへ戻る 画面の赤字部分がトップページへのリンクです。(ちなみにそのうえの関連は、また別のプラグインを使って表示しています。)

ホームページビルダーSP WordPress 問題記録

正確な原因は不明。

ホームページビルダー教室 生徒さん ホームページビルダーSP WordPress サイトの公開をすると ワードプレスが 内部エラー 500 で作動しなくなる。HTMLパーツ (ツイッター、フェイスブックなど)が原因か?

ワードプレスの再インストールからの復旧作業となる。

レンタルサーバーはさくらインターネット

ワードプレスはサーバー上でクイックインストール

さくらインターネット ワードプレスの開設 覚書@ホームページビルダー教室

さくらインターネット上でのワードプレスの開設 (マルチドメイン、独自ドメイン) 独自ドメイン設定 /folder 追加 クイックインストールで sakura.ne.jp/folder に、ワードプレスをインストール ワードプレス設定で 独自ドメインを設定 ホームページビルダーWordPress設定 転送先フォルダは /folder URL は 独自ドメインを指定する。

投稿の定型化(テンプレート)@ホームページビルダー教室

ホームページビルダー教室の生徒さんからいただいたご要望「投稿を定型化したい」に応えるために、ワードプレス・プラグインの使い方の調査をしました。TinyMCE Templatesというプラグインが答えでした。 あらかじめテンプレートを作成、登録しておき、新規投稿の追加編集画面から「テンプレートを挿入」 以下の質問項目は、そうしてテンプレートとして呼び出したものです。 質問 1.   質問 2.   質問 3.  

さくらインターネット sakura.ne.jpから独自ドメインへのリダイレクト@ホームページビルダー教室

昨日のホームページビルダー教室での授業から。 さくらインターネットでは独自ドメインを取得しても、さくらのドメイン (example.sakura.ne.jp)でサイトにアクセスすることができます。これを独自ドメインへ301リダイレクトするには、.htaccess にリダイレクトの命令を記述する必要があります。 生徒さん自力では上手くリダイレクトできませんでした。

  • .htaccessの置き場所がまちがっていた
  • WordPressの設定しているURLを独自ドメインへ変更
  • パーマリンクをいったん解除して再設定
  • さくらドメインのURLで指定してしまった画像を独自ドメインURLで貼り直し

などの作業を行いました。

› 続きを読む